2020年5月1日金曜日

No.149 “About the involvement of the tourism industry with regional development 2020“ May issue

【アフター・コロナ】After-Corona

 世界は既にアフター・コロナに向かって動き始めている。4月24日、G20の観光大臣は、自国がロックダウンや渡航制限を緩和し、苦戦している業界の回復を支援する中で、調整を確保することを約束。フランス24によると、サウジアラビア代表が主催したバーチャル会議の後、各国の大臣達は共同声明の中で、「私たちは観光分野のビジネスを支援することを約束します...起業家と労働者は新しい危機後の時代に適応し、繁栄する」と述べた。
 会議では、労働集約的な分野では最大7,500万人の雇用が危険にさらされていると、世界旅行ツーリズム評議会の見解を引用。昨年、新興分野を後押しする最初の観光ビザを発行したサウジアラビアの観光大臣は、パンデミックの影響が「短期的」になることを望むと述べた。
 サウジアラビアの観光は、2030年までに1億人の訪問者を迎えるという野心を抱いていた。だが、9月に新ビザを開始したわずか数ヶ月後に急激な低迷に直面したのだ。

In the world is already moving toward the after-corona.
April 24, G20 tourism ministers pledged to ensure coordination as their countries ease lockdowns and travel restrictions, and to support the struggling industry's recovery. According to France 24, "We commit to helping tourism sector businesses...entrepreneurs and workers to adapt and thrive in a new post-crisis era, " the ministers said in a joint statement after a virtual meeting hosted by the group's current president Saudi Arabia.
Up to 75 million jobs are at risk in the labour-intensive sector, they said, citing the World Travel and Tourism Council. The tourism minister of Saudi Arabia, which last year issued its first tourist visas to boost the nascent sector, voiced hope the pandemic's impact would be "short-term".
Saudi tourism faces a sharp downturn just months after launching the new visas in September, vaunting ambitions to welcome 100 million visitors by 2030.

 また、英国の大臣は、この会議で自国の具体策を公表した。
 ツーリズム・ホスピタリティ分野に最も関連する経済支援は、主に2つのカテゴリーに分類される。
流動性に苦しむ企業を支援するために:
・企業のVAT(付加価値税)支払いの延期。
・3300億ポンド相当の政府支援および保証付きローン。
・小売、ホスピタリティ、レジャーの現金による助成金制度と、ビジネスレートの救済プログラム。
・立ち退きのリスクがある商業用テナントの保護。
雇用保護に関しては:
・雇用主が労働者の給与の80%をカバーするために政府補助金を申請できる雇用維持制度。
・自営業者を支援する制度。
・通期の地元の観光管理組織を支援する緊急基金の立ち上げ。
 そして大臣は、回復期の優先順位が何であるかについて、観光業界と定期的に討議するとしている。

Also, At the meeting, the UK minister announced his country's concrete measures.
The economic support most relevant to the tourism and hospitality sector largely falls into two categories.
To support businesses struggling with liquidity, the UK Government has announced:
・Deferral of VAT payments for firms.
・£330bn worth of government backed and guaranteed loans.
・A Retail, hospitality and leisure cash grants scheme; and a business rates relief programme.
・Protection for commercial tenants at risk of eviction.
On employment protection we have set up:
・A Job Retention Scheme where employers can apply for a government grant to cover 80% of workers’ salaries; and
・A scheme to support Self-Employed workers.
・In addition, we have launched an emergency fund to support local tourism management organisations through this period.
And, the minister in regular discussions with the tourism industry about what their priorities are for the recovery period.

 G20の構成国・地域は、アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、EU、ロシア、中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ共和国、オーストラリア、韓国、インドネシア、サウジアラビア、トルコ、アルゼンチンだ。日本からは国土交通副大臣が参加した。が、プレスリリースは何もない。どうやら日本は、ツーリズム貿易がモノ貿易を上回ったとの認識に、まだ至ってないようである。

The G20 comprises countries and regions: the United States, United Kingdom, France, Germany, Japan, Italy, Canada, EU, Russia, People's Republic of China, India, Brazil, Mexico, South Africa, Australia, South Korea, Indonesia, Saudi Arabia, Turkey and Argentina. From Japan, the Deputy Minister of Land, Infrastructure, Transport and Tourism participated. But there is no press release at all.

 一方、4月28日には国連世界観光機関(UNWTO)の事務総長ズラブ・ポロリカシヴィリが、COVID-19パンデミックが国内外のツーリズム分野にどのような影響を与えているかを評価するために、スペイン国王フェリペ6世に謁見した。
 スペインの国家元首は、公聴会でUNWTOが率いる世界的な対応についてブリーフィングを受け、パンデミックに直面した際の経済的および社会的回復のためのツーリズム分野の重要性を認識。公聴会の間、UNWTOの事務総長は、国際レベルで協調的な政治的対応を行う緊急性と、世界中の雇用の10%を占めるツーリズムを支援するという真のコミットメントを強調すると、COVID-19の危機は、2030年の持続可能な開発のためのアジェンダに由来する17の目標の達成へのカウントダウンである10年間の行動の始まりと一致している。特にツーリズムは、持続可能な開発におけるその重要な役割を実証しており、「それが救援プログラムと行動の一部でなければならず、誰も取り残されないようにしなければならない」と述べた。
 昨年1月、事務総長は21世紀のツーリズムに関するマドリード宣言を国王に提出していたが、この宣言は「最も困難な状況における観光の回復力を強調しているため、これまで以上に関連性が高まっている」としている。
 UNWTOの数値によると、スペインのツーリズムはGDPの12%を占め、2019年には約8,400万人の外国人観光客を受け入れ、その支出は800億米ドルに上る。2018年、この国は観光客の到着数と収入の両面で世界第2位の目的地だった。
 今にち観光業は、COVID-19とその影響により、最も大きな打撃を受けた業種の1つとなったが、UNWTOは今年の世界各国からの観光客の到着は30%も減少し、それに対応して最大4500億ドルの国際観光収入が失われると予測している。同時に、UNWTOは過去の危機を受けてツーリズムが回復の信頼できる推進力となっており、その広範な経済的価値連鎖と深い社会的足跡を反映して、業種を超えた幅広い利益を生み出すことを踏まえた。
 事務総長は、スペインに本部を置く唯一の国連専門機関であるUNWTOの権限に与えられた支援に感謝の意を表すと、パンデミックは「スペインおよび世界の他の地域にとっての課題ですが、私たちを倒すどころか、グローバル社会として私たちをより強くするだろう」と結論付けた。

On the other hand, on April 28, the Secretary-General of the World Tourism Organization (UNWTO) was received today by H.M. King Felipe VI of Spain to assess how the COVID-19 pandemic is affecting the tourism sector both nationally and internationally.
The Spanish Head of State was briefed on the global response being led by the UNWTO at the audience, which acknowledged the importance of the tourism sector for economic and social recovery in the face of the pandemic. During the audience, UNWTO Secretary-General Zurab Pololikashvili stressed the urgency of mustering a coordinated political response at the international level, as well as a real commitment to support tourism, a sector that accounts for 10% of jobs worldwide. The COVID-19 crisis has coincided with the beginning of the Decade of Action, the countdown to the achievement of the 17 Goals deriving from the 2030 Agenda for Sustainable Development. Tourism, in particular, has demonstrated its important role in sustainable development, “and that is why it must be part of relief programmes and actions, ensuring that no one is left behind”, said Pololikashvili.
Last January, Pololikashvili presented to the King the Madrid Declaration on Tourism in the 21st Century. This Declaration, the Secretary-General said, “is now more relevant than ever because it emphasizes the resilience of tourism in the most difficult situations”.
According to the UNWTO’s figures, tourism accounts for 12% of the GDP of Spain, which in 2019 received nearly 84 million international tourists, whose expenditure amounted to 80 billion US dollars. In 2018, the country was the world’s number two destination in terms of both tourism arrivals and receipts. 
Today, tourism is among the hardest hit sectors due to COVID-19 and its consequences. The UNWTO estimates that international tourist arrivals worldwide this year could fall by as much as 30%, with a corresponding loss of international tourism receipts of up to 450 billion US dollars. At the same time, the UNWTO recalls that tourism has been a reliable driver of recovery in the wake of past crises, generating wide-ranging benefits that have transcended the sector, reflecting its broad-based economic value chain and deep social footprint.
The Secretary-General expressed his gratitude for the support given to the mandate of the UNWTO, the only United Nations specialized agency headquartered in Spain.
The pandemic “is a challenge for Spain and the rest of the world, but far from defeating us, it will make us stronger as a global society,” he concluded.

【5月1日現在の感染確認数】Number of confirmed infections as of May 1

【日経平均株価の推移 5月2日】Changes of Nikkei Stock Average May 2

【実態把握】Grasping the facts

 5月2日のBBCニュースによると、1日10万件のCOVID-19検査を4月の末までに実現すると公約していた英国政府は、1日12万2000件以上の検査を提供した事を明らかにした。
 この1日10万件の目標は、英国保健相が4月2日に公約したものだ。当時の英国での検査数は1日1万件であり、特に重篤な入院感染者と、医療、介護、そして救急サービスのスタッフが最優先だったが、英国政府は検査件数を一気に増やす為に、検体を調べる検査機関として3カ所の「巨大ラボ」を用意したほか、約50カ所にドライブスルー検査拠点を設置、さらに自宅検査サービスや移動検査センターも整備した。提供した検査総数には住民の自宅に送られた2万7497個や、英国民保健サービス(NHS)の医療施設などに配送された1万2872個の検査キットも含まれ、5月1日の24時間以内の検査12万2347件のうち、実際に検査を受けた人の数は7万人超となった。
 一方、日本におけるCOVID-19の検査は極めて少ない。日本の感染流行の中心地東京23区の場合、2月以降、COVID-19の検査を受けた人は1万981人しかいないが、うち4000人強が陽性だった。
 この結果は、検査人数が少ない事と陽性割合の高さの両方において際立っている。日本の医師向けのガイドラインは、患者が肺炎にかかっている場合だけ検査を勧めるべきだとしている。37.5度の発熱が四日以上続くなど、既に症状が明らかな人だけなのだ。
 キングス・カレッジ・ロンドンの教授は「軽症は気にせず、重大な症状がみられるケースに集中して命を救う。検査は症状がみられる人に重点を置く」のは間違いではない。しかし、公衆衛生の観点からは、検査を拡大しない日本の姿勢は極めて危険だと述べている。
 また、慶応大学の付属病院によると、先週、COVID-19と無関係の病気や治療で入院した患者のPCR検査の6%が陽性だと判定された。
 検査が増えなければ実態は分からない。日常を取り戻す上で実態把握は不可欠だ。

BBC News on May 2 revealed that the UK government, which had pledged to test 100,000 new coronavirus cases per day by April 30, had provided more than 122,000 tests.
The target of 100,000 cases per day was pledged by the UK Health Minister on April 2. At the time, there were 10,000 tests a day in the UK, with patients in particularly critically ill and medical, care and emergency services staff atop priority. But, in order to increase the number of inspections at once, the UK government has set up a "huge lab" for inspection agencies to examine specimens, and has set up drive-through inspection sites in about 50 locations. In addition, home inspection services and mobile inspection centers were also established
The total number of tests provided includes 27,497 inspections sent to residents' homes and 12,872 inspection kits delivered to health facilities in the UK. Out of 122,347 inspections within 24 hours on May 1, more than 70,000 were actually tested.
On the other hand, the inspection of COVID-19 in Japan is very few. In the case of Tokyo's 23 wards, the center of the japanese epidemic, only 10,981 people have been tested for COVID-19 since February, but of those, more than 4,000 person was positive.
This result stands out in both the number of people tested few and the height of the positive percentage. Guidelines for Japanese doctors say that patients should only be tested if they have pneumonia. they are testing only people who already have obvious symptoms, such as fever of 37,5 degrees or more for 4 consecutive days.
Professor of King's College London said "they don't care about mild illness and they focused on cases where they have serious symptoms to save life. The test focuses on those who have symptoms" is not a mistake. However, from a public health perspective, he says japan's stance not to expand testing is extremely dangerous.
Also, according to Keio University's Attached Hospital, last week, 6% of patients hospitalized with covid-19 unrelated to COVID-19 were tested positive for PCR tests.
If the number of tests does not increase, the actual situation is not unknown. Grasping the facts is essential to regain daily life.


【緊急事態宣言の延長を進言した専門家会議のメンバー】A member of the expert council who advised to extend the Declaration of Emergency Situation

 緊急事態宣言の延長が決定された。だが、経済学者は一人もいない。オーバー医療を恐れる者だけで、出口戦略を語る者はいないのだ。一方、いくつかの県では休業要請を終了する。当然だ。
 5月5日現在、47都道府県で確認された感染者は1万5965人(岩手県0人)、退院は5147人で退院率は32.2%となり、死者は569人で3.56%にもなる。感染最多の東京都が検査を渋っているので分母が少なすぎるのである。
Decided to extend the emergency situation declaration, But, there is no one economist. They are only those who are afraid of the over medical, and does not speak of exit strategy. On the other hand, some prefectures plan to cancel of the business suspension requests. It is natural.
As of May 5, the confirmed infected person of 47 prefectures is 15965 (Iwate 0), the leaving hospital is 5147 people, the rate become 32.2%. dead is 569 mortality is 3.56%. There are too few denominators, because Tokyo which has the highest number of infected people, is neglecting the tests.

Why isn't the Japanese "all automatic PCR tester" introduced in Japan?

 日本のPCR検査の妨げは、政官財の"鉄のトライアングル"利権構造、既得権益、岩盤規制、縦割り官僚主義によるものだ。

The obstacles to PCR testing in Japan are due to the vestbd-interest structure of "Iron Triangle" by the political world and the government world and the financial world, and vested interests, rock regulation and bureaucracy.

各国、地域におけるPCR検査数の比較
専門家会議の資料より

【5月6日現在】As of May 6

 先週予測したとおり、GW期間中の感染確認数は減少した。だが、実態把握ができてない以上、日本のアフター・コロナはまだ先である。

As I predicted last week, the number of confirmed infections during the consecutive holidays declined. however, Japan's after-corona is still far away because don't grasping the facts.

【中国のアフター・コロナ】CCP‘s after-corona

1.情報インフラ
5G、IoT、産業インターネット、衛星インターネットなどのインターネットインフラ、人工知能、クラウドコンピューティング、ブロックチェーンなどの新技術インフラ、データセンター、スーパーコンピューターセンターなどのコンピューターインフラ分野。

2.融合インフラ
インターネット、ビッグデータ、AIの技術を深く応用し、伝統的なインフラをレベルアップさせる。スマート交通インフラ、スマートエネルギーインフラなど。

3.イノベーション・インフラ
科学研究、技術開発、商品開発を支える公益性のあるインフラ。重大科学技術インフラ、科学教育インフラ、産業技術イノベーションインフラなど。

 これは、中国共産党(CCP)の新型基礎インフラ建設(新基建)政策の分野である。5G・産業インターネット・データセンター・AI技術などを支えるデジタルインフラ、新エネルギー自動車や自動運転用充電スタンドをはじめとする次世代交通インフラの整備などのグローバル・サプライ・チェーンの主導権を掌握するのが目的だ。つまるところ、5Gの基地局建設、UHV送電線建設、新型軌道交通建設、新エネルギー自動車充電スタンド網、ビッグデータセンター、AI、そして、産業インターネットの世界の主導権を手中に収めたいわけである。中国は米国に代わる国際社会のルールメーカー、世界の次世代スタンダードを目指しているのだ。これが中国のアフターコロナである。
 テクノロジーの進化自体は悪い事ではない。問題は、未だこの国が民主主義・自由主義とは程遠い、独裁・全体主義にあることだ。この事は、今回のコロナウイルス・パンデミックにおける中国の危機管理の甘さと不透明な情報操作によって露見した。

1. Information infrastructure
Internet infrastructure such as 5G, IoT, industrial Internet, satellite Internet, artificial intelligence, cloud computing, new technology infrastructure such as blockchain, computer infrastructure fields such as data centers and supercomputer centers.

2. Fusion Infrastructure
It will take the technology of the Internet, big data, and AI to the level up traditional infrastructure. Smart transportation infrastructure, smart energy infrastructure, etc.

3. Innovation Infrastructure
Public-interest infrastructure that supports scientific research, technology development, and product development. Critical science and technology infrastructure, science education infrastructure, industrial technology innovation infrastructure, etc.

This is the area of the Chinese Communist Party's policy of the construction of new basic infrastructure. The aim is to take control of the global supply chain, including digital infrastructure supporting 5G, industrial Internet, data centers, AI technologies, and the development of next-generation transportation infrastructure, including new energy vehicles and self-driving charging stations. In other words, the idea is to take the initiative in the world of 5G base stations, UHV power lines, new orbital traffic construction, new energy vehicle charging stations, big data centers, AI, and industrial Internet. China is aiming to become the next standard in the world, a rule maker of the international community to replace the United States. This is china's after-corona.
The evolution of technology is not bad. The problem is that China is still in dictatorship / totalitarianism far from democracy / liberalism. This was revealed by the sweetness and opaque manipulation of china's crisis management in the Wuhan virus epidemic.

【日経平均株価の推移 5月9日】Changes of Nikkei Stock Average May 9

【東京都の感染陽性率】Infection positive rate in Tokyo

 5月9日、漸く東京都はブラックボックスを開示した。図らずも、連休が終わった5月7日のPCR検査の急増が見てとれる。5月6日までの保健適用検査は反映されてないが大した数ではない。
 この東京都の公表は、独自の判断基準を打ち出した大阪府を意識しての事である。大阪府は集計の締め切りを16時にしてウェブサイトで毎日夕方、その日の陽性者数、PCR検査数、陰性確認数、陽性率、そして陽性者の職業や背景など詳しく公表している。

0n May 9, Tokyo finally disclosed the black box from January 24 to May 7. Unintentionally, we can see a sharp increase in the number of PCR inspections on May 7, when the consecutive holidays have ended. Inspections covered by insurance until May 6 are not reflected, but it is extremely few. This announcement of Tokyo was made in consideration of Osaka, which set forth its own criteria. Osaka Prefecture has set a deadline for the tally at 16 o'clock and publishes the daily number of positives, PCR tests, negative confirmations, positive rates, and the occupation and background of the positives, which are published every evening on its web-site.

【5月10日現在】As of May 10

 47都道府県で確認された感染者は1万6489人(岩手県0人)、退院は8778人で退院率は53.2%となり、死者は637人で死亡率は3.86%となる。検査は増えたものの、依然として分母が少なすぎるのだ。

The confirmed infected person of 47 prefectures is 16489 (Iwate 0), the leaving hospital is 8778 people, the rate become 53.2%. dead is 637 mortality is 3.86%. The number of tests has increased, but the denominator is still too few.

【抗原検査】Antigen test

 日本の厚生労働省によると、PCR検査が1日あたりに実施できる能力は、5月9日の時点で1万7614件。内訳は、国立感染症研究所が800件、検疫所が2300件、保健所などが5146件、民間の検査会社が6703件、大学などが1639件、医療機関が1026件だ。ただし、これはポテンシャルであって実数ではない。実際に検査を行った最大件数は1日当たり9300件だった。
 そこで、日本においても"抗原検査"を導入することになった。この検査は、新型コロナウイルスに感染しているか否かを調べる簡易検査であり、遺伝子を増幅検査する"PCR検査"と違って特殊技術は必要なく、30分ほどで結果が得られる。
 厚生労働省は、この"抗原検査"のキットを5月13日に承認。保険適用のうえで速やかに実用化する方針だ。当面は、東京、神奈川、大阪、北海道など感染の多い地域の「帰国者・接触者外来」などを中心に使用される模様である。PCRに比べると精度が八、九割程度と低い為に、抗原検査で陽性者はその時点で確定できるが、陰性者は再度PCR検査も行うとする。
 ただ、"抗原検査"も"PCR検査"も免疫の有無を調べる"抗体検査"ではない。五輪に万博、団体旅行、そして国際ツーリズムの安心・安全を担保するのは、これとワクチン(治療薬ではなく)である。

According to the Japanese Ministry of Health, Labor and Welfare, the ability to carry out PCR test per day was 17,614 as of May 9.  The breakdown is 800 cases at the National Institute of Infectious Diseases, 2300 cases at quarantine stations, 5146 cases at public health centers, 6703 cases at private inspection companies, 1639 cases at universities, and 1026 cases at medical institutions.  however, this is a potential, not a real number. the maximum number of actual tests was only 9,300 per day.
Therefore, it was decided to introduce "antigen test" in Japan too. This test is a simple test to determine whether or not infected with COVID-19, unlike the "PCR test" for amplifying the gene does not require a special technique, the result can be obtained in about 30 minutes.
The Ministry of Health, Labor and Welfare approved this "antigen test" kit on May 13.  It is a policy that it will be put to practical use promptly after applying insurance.  For the time being, it seems that it will be mainly used for "returnees / contacts outpatients" in highly infected areas such as Tokyo, Kanagawa, Osaka, and Hokkaido.  Since the accuracy is lower than that of PCR by about 80-90%, the person who becomes positive by the antigen test can be confirmed at that time, but the person who becomes negative will carry out the PCR test again.
However, the guarantees the safety and security of the Olympics, Expo, group travels, and international tourism is this and vaccine (not therapeutic agents).

【ファクターX】Factor X

 調べてみると、日本でのBCG接種は1951年からであり(1967年からはスタンプ方式)今の69歳からである。70歳以上には全く免疫がない。

From the left, Iran, Turkey, Taiwan, Iraq, Japan, Korea, China, Portugal, Norway, UK, France, Germany, Australia, Sweden, Spain, Italy, USA. Orange is vaccination continues. Green is over. Gray is not inoculated. BCG vaccination carried out in Japan is from 1951 (since 1967 is percutaneous injection), and it's from the age of 69 of now. people over 70 are not immune.

【ラスベガス・サンズの撤退】Withdrawal of Las Vegas Sands

 日本におけるカジノ付きIRについては、昨年8月にシーザーズが撤退を表明していたが、5月12日にはラスベガス・サンズも撤退を明らかにした。
 ブルームバーグ通信によると、サンズが難色を示したのは、ライセンスの有効期間が短い事、政府や自治体による条件変更の可能性があって投資回収が難しい事だとされている。また、コロナウイルスによるダメージ」も響いたようで、今年1~3月期決算は売上高が前年同期比51%減の17億8000万ドル(約1905億円)に落ち込み、最終損益は5100万ドルの赤字に転落、米国内やシンガポールのIRを閉鎖した。サンズのCEOは、トランプ大統領の大口献金者としても知られていたが、「日本におけるIR開発を巡る枠組みでは当社の目標達成は困難だ」とし、日本以外での成長機会に注力するという。
 ラスベガス・サンズは横浜に狙いを定めていたが、今後はギャラクシー・エンターテインメント、メルコリゾーツ&エンターテインメント、ウィン・リゾーツ、そしてセガサミーの競合になる。MGMリゾーツはオリックスとの共同チームで、既に大阪における業者選定が落着しているので傍観だ。MGMの予定地は、大阪万博2025開催後の夢洲である。
 なお、2018年のNo.123にも書いたが、MGM日本支社の代表執行役員兼社長ハイランド氏は、オバマ政権時代に在日米国大使館首席公使、臨時代理大使であり、伊勢志摩G7サミットの際にオバマの広島訪問をねじ込んだ人物だ。米国民主党サイド寄りなので、ウォール街の動向やCCP戦略においては注意を要する。

Regarding the Integrated Resort with casino in Japan, Caesars withdrawal in August last year, but Las Vegas Sands also announced withdrawal on May 12.
According to Bloomberg, Sands showed difficulty in recovering investment due to the short validity of the license and the possibility of changes to conditions by the government and local governments. In addition, it seems that the damage caused by the Wuhan virus is also affecting. the sales from January to March this year fell 51% from the same period of the previous year to $ 1780 million, and the final profit / loss fell to a deficit of $ 51 million, and closed IRs in the US and Singapore. The CEO was also known as President Trump's big donor, but he said, "It is difficult for us to achieve our goals in the framework of IR development in Japan." and said he would focus on growth opportunities outside of Japan.
Las Vegas Sands was aiming for Yokohama, but in the future it will be a competition of Galaxy Entertainment, Merco Resorts & Entertainment, Wynn Resorts, and SEGA SAMMY. MGM Resorts is a bystander because the joint selection with ORIX has already been decided as a vendor selection in Osaka. the planned site for the construction of MGM is Yumeshima, which will be the site after the "Osaka Expo 2025".
Incidentally, as I wrote in 2018 No.123, Mr. Hyland, executive vice president and CEO of the MGM Japan branch, was the Chief Minister of the U.S. Embassy in Japan, and a Temporary Deputy Ambassador, during the Obama administration, and he was the person who suddenly set Obama's visit to Hiroshima during the Ise Shima G7 Summit. Being close to the US Democratic Party, caution is required in Wall Street trends and CCP strategies.

【2020年3月の国際収支】March's Balance of payments 2020

 5/14、日本の財務省は3月の経常収支(速報)を公表した。この月の国際収支は1兆9710億円。対前年比は▲32.1%である。
 貿易収支は1031億円で、輸出額は6兆1974億円、輸入額は6兆0943億円。対前年比は▲85.2%だ。
 一方、旅行収支は245億円で、受取は724億円、支払が478億円である。JNTOによると、コロナウィルス・パンデミックで、3月のインバウンドは19万3700人、アウトバウンドは27万2700人だった(いずれも速報値)。
 旅客輸送は、海上旅客が受取0円、支払0円で0円。航空旅客は受取が99億円、支払が92億円で7億円だ(四捨五入の為に合計に合わない場合がある)。驚くべきことに、インバウンドとアウトバウンドが逆転したら収支も黒字になった。いかに日本の航空会社がインバウンドに貢献していないかよく分かる。
 その他サービスは、受取が1兆3447億円、支払が1兆2629億円で、818億円だ。

On May 14, Japan's Ministry of Finance announced the provisional balance of payments of March. the current account balance for this month is a surplus of 1971 billion JPY. the year-on-year become to ▲32.1%.
The trade balance is 103.1 billion JPY. the exports is 6.1974 trillion JPY, and the imports is 6.0943 trillion JPY. the year-on-year is ▲85.2%.
On the other hand, the travel balance was 24.5 billion JPY. the credit is 72.4 billion JPY, and the debit was 47.8 billion JPY. according to JNTO, the Visitor Arrivals for March was 193,700 people, and the Japanese Overseas Travelers was 272,700 people (Both preliminary), by the influence of the Wuhan virus pandemic.
Passenger transports, the credit of the sea passenger is 0 JPY, and the debit is 0 JPY for 0 JPY. the credit of the air passenger is 9.9 billion JPY and the debit is 9.2 billion JPY for 700 million JPY. (Totals may not add due to rounding.) To my surprise, when the inbound and outbound reversed, the balance also reversed. You can see that the inbound was occupied by an overseas airline.
The other services, the Credit is 1344.7 billion JPY and the Debit is 1262.9 billion JPY for 81.8 billion JPY.

【5月14日現在】As of May 14

May 14, the Emergency Situation Declaration was partially lifted. the continuation of declaration became eight prefectures, Hokkaido, Tokyo, Saitama, Chiba, Kanagawa, Osaka, Kyoto, and Hyogo.

【5月15日現在の感染確認数】Number of confirmed infections as of May 15

 47都道府県で確認された感染者は1万6915人(岩手県0人)、退院は1万0989人で退院率は64.96%となる。死者は726人にすぎないが死亡率は4.3%にもなる。

The confirmed infected person of 47 prefectures is 16915 (Iwate 0), the leaving hospital is 10989 people, the rate become 64.96%. dead is 726 only, but mortality is 4.3%.

【日経平均株価の推移 5月16日】Changes of Nikkei Stock Average May 16

【マスク外交】The Mask Diplomacy

 コロナウイルスの世界的な感染拡大のなか中国は、各国に向けて医療物資などを提供する「マスク外交」を展開している。
 5月17日の新華社通信によると、中国税関総署は3月1日から5月16日までに総計509億枚のマスクと、防護服2億1600万着、ウイルス検査キット1億6200万人分、呼吸器7万2700台などの医療物資を輸出した。総額は1344億人民元=約2兆円。主な輸出先は、アメリカ、日本、そして欧州である。
 ところが、医療物資が欠陥品だったと訴える国が3月下旬から続出した。
 ニューズウィークによると、オランダは既に病院に配布済みのマスク60万枚を回収することを発表。一部のマスクのフィルターに欠陥があり、品質基準を満たしていなかったからである。スペインは、中国メーカーから購入した約6万個のコロナウイルス迅速診断キットの診断精度が低すぎて感染も有無がわからない不良品だったことを公表、トルコも注文した検査キットの一部について同様の苦情を発表した。
 EUの外交安全保障上級代表は、「地政学的な要素」や「政治的手段としての気前良さ」に警告を発している。支援の動機を疑えということだ。

Amid the worldwide spread of Wuhan virus, CCP is developing “mask diplomacy” to provide medical supplies to each country.
According to The Xinhua News Agency on May 17, the Chinese Customs Office exported a total of 50.9 billion masks, 216 million pieces of protective clothing, 162 million virus test kits, and 72,700 respirators. The total amount of RMB 134.4 million = JPY about 17.5 billion euros. The main export destinations are the United States, Japan, and Europe.
However, from the end of March, there were complaints from each country that medical supplies were defective.
According to Newsweek, the Netherlands has announced that it will collect 600,000 masks that have already been distributed to hospitals. because some of the mask filters were defective and did not meet quality standards. Spain announced that about 60,000 coronavirus rapid diagnostic kits purchased from Chinese manufacturers were too low in diagnostic accuracy to detect infections. Turkey also announced similar complaints about some of the test kits it ordered.
The EU High Representative for Foreign Security issued a warning on "geopolitical factors" or "generosity as a political instrument". It means that the motive for support should be doubted.

【合衆国大統領からWHOのテドロス氏に宛てた書簡】The letter sent to Dr. Tedros of the World Health Organization from the US President

THE WHITE HOUSE
WASHINGTON
2020年5月18日

親展
世界保健機関事務局長テドロス・アダノム・ゲブレイェソス
ジュネーブ、スイス

親愛なるテドロス:

2020年4月14日、私は、COVID-19の流行に対する組織の失敗した対応に関する、私の管理による調査を保留している世界保健機関への米国の貢献を停止した。このレビューは、私が先月提起した深刻な懸念の多くを確認し、世界保健機関(WHO)が取り組むべきこと、特に世界保健機関(WHO)の中華人民共和国からの驚くべき独立性の欠如を特定した。このレビューに基づいて、次のことが判明した:

 ・世界保健機関(WHO)は、医学雑誌ランセットからの報告を含む、2019年12月初旬またはそれ以前に武漢で広がるウイルスの信頼できる報告を一貫して無視した。世界保健機関(WHO)は、武漢自体の情報源から来たものであっても、中国政府の公式アカウントと直接矛盾する信頼できる報告書を独自調査できなかった。

 ・2019年12月30日までに、北京にある世界保健機関のオフィスは、武漢に「公衆衛生」の懸念があることを知っていた。12月26日から12月30日の間に、中国のメディアは、複数の中国のゲノミクス企業に送信された患者データに基づいて、武漢から出現した新型ウイルスの証拠を強調した。さらに、この期間中、湖北省西洋医学総合病院の医師である张继先博士は、新型コロナウイルスが当時約180人の患者を苦しめる新しい病気を引き起こしていると中国の保健当局に伝えていた。

 ・翌日までに台湾当局は、新しいウイルスの人から人への感染を示す情報を世界保健機関に伝えていた。それでも世界保健機関は、おそらくは政治的な理由から、この重要な情報を他の世界と共有しないことを選択した。

 ・国際医療規制では、各国は24時間以内に健康上の緊急事態のリスクを報告する必要がある。しかし、世界保健機関(WHO)は、張博士の研究室の閉鎖と彼の主張の両方に関し、目立って沈黙している。彼は6日前に中国当局に彼の突破口を通知したと言っていた。

 ・上海公衆衛生クリニックセンターの張永鎮博士によると、彼は2020年1月5日に中国当局に、ウイルスのゲノム配列を確定したと語った。この情報は、張博士がオンラインで自ら投稿した6日後の2020年1月11日まで公開されなかった。翌日、中国当局は「是正」のために研究室を閉鎖した。世界保健機関(WHO)でさえ認めたように、張博士の投稿は「透明性」の大きな行為だった。しかし、世界保健機関(WHO)は、張博士の研究室の閉鎖と彼の主張の両方に関して完全に黙殺している。彼は6日前に彼の知見を中国当局に通知していたのだ。

 ・世界保健機関は、コロナウイルスについて非常に不正確で誤解を招く主張を繰り返している。

  ・2020年1月14日、世界保健機関は、コロナウイルスは人間の間で感染することができなかったという中国の主張を不当に再確認し、「中国当局が行った予備調査では、中国武漢で確認された新型コロナウイルス(2019-nCov)の人から人への感染の明確な証拠は見つからなかった。」と述べていた。この主張は武漢からの検閲された報告と真向から矛盾していた。

  ・2020年1月21日、中国の習近平国家主席は、コロナウイルスの流行を緊急事態と宣言しないように圧力をかけたと伝えられている。貴方は翌日この圧力に屈し、コロナウイルスは国際的な懸念の公衆衛生上の緊急事態を引き起こさないと世界に伝えた。ちょうど1週間後の2020年1月30日、反対の圧倒的な証拠が貴方のコースを逆転させた。

  ・2020年1月28日、北京で習主席と会談した後。 貴方は中国がコロナウイルスに関して「透明性」があることで中国政府を称賛し、中国が「アウトブレイクコントロールのための新しい基準」を設定し、「世界に時間を稼いだ」と発表した。それまでに、中国がウイルスについて発言したことで数人の医師を沈黙または罰し、中国の機関がウイルスに関する情報を公開することを制限したことについては言及しなかった。

 ・2020年1月30日に発生を国際健康概念の公衆衛生緊急事態として遅滞なく宣言した後でも、国際医療専門家の世界保健機関チームのタイムリーな入国を中国に要求することに失敗した。その結果、この重要なチームは2週間後の2020年2月16日まで中国に到着できなかった。チームは訪問の最終日まで武漢訪問を許されなかったのだ。驚くべきことに、世界保健機関は中国が武漢へのチーム・メンバー2名のアクセスを完全に拒否した際、沈黙していたのである。

 ・また、貴方は中国の厳しい国内旅行の制限を強く賞賛したが、中国から来る人々に関して、私が米国との国境を閉鎖や禁止することに頑なに反対した。私は貴方の望みに関係なく禁止を設定した。他の政府があなたのコメントに頼り、中国との往復の人命救助の制限を遅らせたので、この問題に関するあなたの政治的ゲームマンシップは危うかった。そればかりか、2020年2月3日、貴方は中国はウイルスから世界を守る素晴らしい仕事をしていたので旅行制限は「良いことよりも害を引き起こしている」と主張し、自らの立場を強化した。中国当局は武漢閉鎖前に、500万人以上の人々が街を離れることを許し、これらの人々の多くが世界中の国際的な目的地に向かっていることを知っていたのだ。

 ・2020年2月3日の時点で、中国は渡航制限を解除、または未然に防ぐよう各国に強く圧力をかけた。 この圧力キャンペーンは、その日の貴方の誤った発言によって支えられ、中国国外へのウイルスの拡散は「最小限で遅く」、「中国国外への感染の可能性は非常に低かった」と世界に伝えた。

 ・2020年3月3日。世界保健機関(WHO)は、無症候性広がりの非常に深刻なリスクを軽視する中国の公式データを引用し、「COVID- 19はインフルエンザほど効率的に伝染しない」と世界に伝え、インフルエンザとは異なり、この病気は主に「感染しているが、まだ病気ではない人々」によって引き起こされたわけではないと語った。世界保健機関は中国の証拠として、「報告された症例の1%のみが症状を示さず、それらの症例のほとんどが2日以内に症状を発現することを示した」と世界に伝えた。しかし、多くの専門家は日本からのデータを引用し、韓国およびその他の国は、これらの主張に精力的に質問した。世界保健機関によって世界に繰り返された中国の主張が非常に不正確であったことは今や明らかだ。

 ・2020年3月11日にようやくパンデミックを宣言した時には4,000人以上が死亡し、世界の少なくとも114カ国で10万人以上が感染していた。

 ・2020年4月11日、数人のアフリカ大使が中国外務省に、広州や中国の他の都市でのパンデミックに関するアフリカ人への差別的扱いについて書簡を送った。貴方は、中国当局が強制検疫、立ち退き、およびこれらの国の国民に対するサービスの拒否のキャンペーンを実施していることを知っていた。貴方は中国の人種差別的な行動についてはノーコメントだ。だが、貴方は、このパンデミックへの対応の誤りに関する台湾の根拠のある苦情を、根拠のない人種差別とした。

 ・この危機を通じて、世界保健機関は不思議なことに、その「透明性」の疑いで中国を称賛することに固執してきた。中国は透明性に欠けているにもかかわらず、一貫してこれらの賛辞に参加している。たとえば、1月初旬にはウイルスのサンプルを破壊するように命じ、重要な情報を世界から奪った。今も中国は正確でタイムリーなデータ、ウイルスのサンプルと分離株の共有を拒否し、ウイルスとその起源に関する重要な情報を差し控えることにより、国際保健規制を弱体化させ続けている。そして今にちに至るまで、中国は科学者や関連施設への国際的なアクセスを拒否し続け、その一方で、中国は広範囲に無謀に非難し、自国の専門家も検閲している。

 ・世界保健機関は、独自の緊急委員会による最近の承認にもかかわらず、ウイルスの起源についての独立した調査を許可することを中国に公に要求することに失敗した。世界保健機関がこれを怠ったことにより、加盟国は、今年の世界保健総会で「COVID-19対応」決議を採択し、米国および他の多くの国々からの呼びかけを公平・独立かつ包括的に、世界保健機関が危機をどのように処理したかについてレビューに反映させ、また、決議はウイルス起源への調査を要求する。それは世界が病気に対抗するための最良の方法を理解するために必要なのだ。

おそらく、これらのすべての失敗よりも悪いのは、世界保健機関がもっとうまくできたはずだということを私たちは知っているということだ。ほんの数年前、別の事務局長の指示の下で、世界保健機関は世界にそれがどれだけ提供しなければならないかを示していた。2003年、中国で発生した重症急性呼吸器症候群(SARS)の際、ハーレム・ブラントランド局長は、55年間で初めて世界保健機関が緊急旅行勧告を大胆に宣言し、中国南部の感染地への往来を拒否するよう勧告した。 彼女はまた、中国が内部告発者を逮捕し、メディアを検閲するという通常のプレイブックを通じて流行を隠蔽しようとすることで世界の健康を危険にさらしていると批判することをためらわなかった。貴方がブランドランド博士の模範に従っていたら、多くの命が救われたかもしれない。

パンデミックへの対応における貴方と貴方の組織の失敗の繰り返しは、世界にとって非常に高くついた。世界保健機関が前進する唯一の方法は、中国からの独立を実際に示すことができるかどうかだ。私の政権は、組織を改革する方法について貴方とすでに議論を始めている。とはいえ、迅速な対応が必要だ。無駄な時間はない。そのため、米国大統領として、世界保健機関が今後30日以内に大幅な改善を行わないことが義務付けられていることが私の義務であり、米国への資金の一時的な凍結が行われる。世界保健機関は恒久的であり、組織のメンバーシップを再考する。私はアメリカの納税者のドルが、現状では明らかにアメリカの利益に役立っていない組織に資金を提供し続けることを許すことはできない。

敬具

       ドナルド・トランプ

〖論拠〗Grounds of an argument

春節連休から二週間後
2 weeks after the Chinese New Year holidays

春節連休から三週間後
3 weeks after the Chinese New Year holidays


 2020年の春節は1月25日から31日の7連休だったが、中国大手OTAのTrip.comの統計によると、中国周辺国への海外旅行で最も人気だったのが日本である。次いでタイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、インドネシア、フィリピン、カンボジア、スリランカ、インドの順だ。また、長距離の海外旅行先で最も人気だったのがオーストラリアである。次いでアメリカ、イタリア、ニュージーランド、イギリス、スペイン、ロシア、フランス、アラブ首長国連邦、ドイツの順だ。

The Chinese New Year Holiday in 2020 was seven consecutive holidays from January 25 to 31. According to statistics from Trip.com, a major Chinese OTA, the most popular country for overseas travel to countries around China was Japan. Next are Thailand, Singapore, Malaysia, Vietnam, Indonesia, Philippines, Cambodia, Sri Lanka and India. Also, the most popular destination for long-distance travel abroad was Australia. Next are the USA, Italy, New Zealand, UK, Spain, Russia, France, UAE and Germany.

〖採択決議〗Adopted resolutions

 194の加盟国が参加して、初めてオンライン形式で行われたWHOの年次総会は、19日、2日間の日程を終えた。中国の反対により、台湾はオブザーバー参加すらできなかった。
 総会では、WHOに対し、今回の対応について公平で独立した検証を行うことなどを求める決議を採択。テドロス事務局長は締閉会の辞で、WHOは透明性の確保や説明責任を果たすこと、改善を続けることを約束すると述べ、WHOの対応については、できるだけ早く独立した検証を行う考えを示した。

The WHO's annual general meeting, which was held for the first time in the form of a on-iine conference with the participation of 194 member countries, ended the two-day schedule on the 19th. Taiwan could not even join the observer, due to China's opposition.
The General Assembly adopted a resolution requiring WHO to conduct a fair and independent verification of this response. In closing, Executive Secretary Tedros gives the WHO transparency and accountability, and said promised to continue improving it. Also, he indicated that WHO's response would be independently verified as soon as possible.

【5月20日現在の感染確認数】Number of confirmed infections as of May 20

 47都道府県で確認された感染者は1万7145人(岩手県0人)、死者は797人、死亡率は4.5%である。

The confirmed infected person of 47 prefectures is 17145 people (Iwate 0), dead is 797, but mortality is 4.5%.

On May 21, the Japanese government held the Headquarters for the Emergency Situations Declaration, and announced the release of Osaka, Kyoto and Hyogo. On the other hand, Hokkaido, Tokyo, Kanagawa, Saitama, and Chiba have officially decided to continue. Prime Minister Abe said the region that would continue the declaration would listen to experts on this month 25 again.

【日経平均株価の推移 5月23日】Changes of Nikkei Stock Average May 23

【5月25日現在の感染確認数】Number of confirmed infections as of May 25

 47都道府県で確認された感染者は1万7344人(岩手県0人)で、死者は864人である。死亡率は4.98%と増える一方だ。分母が少ないからである。

The number of infected in 47 prefectures is 17,344 people (Iwate prefecture is 0). there are 864 dead, the mortality rate is increasing to 4.98%. because few denominators.

Results of PCR tests in Japan by NHK
 13日以降、PCR検査の結果は明らかではないが、日本政府は5月25日、緊急事態宣言検討会を再び開催し、北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉の解除も発表した。これで全県解除となり、細部については段階的に緩和となる。今後は知事の責任だ。
 また、政府はダメージを受けた観光業や外食産業への需要を喚起する施策を実施する方針も固めた。期間は7月下旬からで、予算は国内旅行補助や飲食店で使えるクーポン券など、合わせて約1兆7千億円。「GO TOキャンペーン」と銘打ち、国内旅行の半額(最大2万円/1泊)を助成し、土産物店で使えるクーポンを発行、飲食店のプレミアム食事券や、イベントの割引チケットも発行する予定である。
 とはいえ、インバウンド需要が暫く見込めないため、対象は国内市場のみとなる。しかも、この需要喚起策に対し、47都道府県すべてが同じ期待を寄せている。加速する椅子取りゲームの下、自治体プロモーションの能力差が浮き彫りになるのは否めない。

The results of the PCR test have not been disclosed since May 13, however on May 25, the Japanese government held the Headquarters for the Emergency Situations Declaration again, and announced the release of also Hokkaido, Tokyo, Kanagawa, Saitama, and Chiba. With this, all prefectures be released, and details is will be gradually eased. it is the responsibility of the governors from now on.
In addition, the Japanese government has decided to implement measures to stimulate demand for the tourism industry and the restaurant industry, which have been impact by the coronavirus. The period is from the latter half of July. The budget is about 1.7 trillion JPY including subsidies for domestic travel and coupons that can be used at restaurants. As a "GO TO Campaign", half the price of domestic travel will be subsidized, and issue coupons that can be used at souvenir shops. Also, it plans to issue premium meal tickets for restaurants and discount event tickets.
However, since inbound demand cannot be expected for a while, the target is the domestic market only. moreover, all 47 prefectures have the same expectations for this demand stimulating measure. under the magical-chair games, it can‘t be denied that the difference in the ability of local governments for promotion becomes clear.

Results of PCR tests in Japan by NHK
 NHKは5月29日、全国のPCR検査数公表を再開した。期間は5月3日からの三週間分である。これが全県解除の根拠のようだ。が、連休の間と週末毎の検査数減少も見てとれる。

NHK resumed the publication of PCR test numbers of nationwide on May 29. the period is 3 weeks from May 3. This seems to be the basis for canceling all prefectures. But, also decrease in the number of inspections can be seen during the consecutive holidays and every weekend.

【日経平均株価の推移 5月30日】Changes of Nikkei Stock Average May 30

【5月30日現在の感染確認数】Number of confirmed infections as of May 30

 47都道府県で確認された感染者は1万7589人(岩手県0人)で、死者は907人である。死亡率は5.19%で、20人に一人だ。分母が少ないからである。

The number of infected in 47 prefectures is 17,589 people (Iwate prefecture is 0). there are 907 dead, the mortality rate is 5.15%, one in twenty. because few denominators.

【雇用調整助成金】Employment adjustment subsidy


Copyright (C) 2015 O.H.M.S.S. All rights reserved.

**********************************************************************************

O.H.M.S.S.(Ohuda Higashi-kishu Matsusaka-area Sightseeing Support) Shigeki Imura

a supporting member of UNWTO / APTEC

"About the involvement of the tourism industry with regional development"
Home https://ohmss700.blogspot.jp/?m=1
Index http://blog.livedoor.jp/ohmss700/